LEGIの雑記

いろんなことに関するあれこれをまばらに書く予定?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

3月2日演習

HEARTシステム実装後の初参加。
えぇまぁごく局所的に使われてました。
記録の人に感謝しつつ

3月2日(日)3回目(無制限・固定)
[無制限]固定:モーモー草原演習場
1位 南軍5331(52人)  ※.人数は開始5秒前
2位 東軍3839(45人)
3位 北軍1089(49人)
4位 西軍829(46人)

いつも通り東へ。
その後中央ふらふら。岩狩ったり岩狩ったり岩かったr
途中小規模ながら戦闘をするもほとんど問題なく通過。
北へ行き像を破壊工作。
途中、自己憑依を解除したナイトが。
速攻で攻撃開始、撃破。
本人曰く「何もしない」とのことだったが、ならば大人しく自己しておいて欲しい。
敵を見つけて、先手を逃す程間抜けなことはない。こちらはソロなのだから。
が、結果的にいえば敵の相手をしたのは時間のロスだった。
倒して直ぐに西ドルタンク。
ちびちびコッコーで狙いもつけづらく、農家のマリキン搭載で厄介だ。
急ぎ像に一撃入れるも即死。
再度中央をふらつき北へ。
北に防衛が少数。
ドルを倒し、農家を倒すもサラ搭載ブレペア?にのされる。
その後、また西ドルタンクを先頭に西が。
復帰後、橋にひかれたアシッドが味方のものか悩みつつ抜ける。
本隊は順調に像をキープしていたので特に無茶をすることもなく、程ほどに活動。
ラストは勝敗には関係しなかったが、北へ突撃。
そこそこの人員の前にあっけなく死亡。
結局、増援も来ずそのまま終了。まぁ無理してくるよりは岩でも狩っていたほうが建設的ではある。


3月2日(日)6回目(無制限・固定)
[無制限]固定 鉄火山演習場
1位 南軍2488(60人)
2位 東軍2132(61人)
3位 西軍2067(51人)
4位 北軍1390(56人)

寝過ごして6回目から。
西の背後を狙ってみるが、空蝉失敗即死。
その後東の登山を確認したので帰還、西を挟撃することとなり東と戦闘。
さすがに押されていてまずいか?と思ったがなんとか撃破。
なかなか鉄火とはいえ、よく守れていると思う。
地形の利があるとはいえ、やはり戦闘能力としては悪くないのだろう
他のところでもその戦闘能力が生かせるといいのだが。
そして今回初のフェニックス。
ソロの身としてはありがたいスキルである。
範囲がイマイチわかってないので貰い損ねたりしたが。
途中、西アサを逃す。
その後撃破報告も無かったのでひたすら聞きまくる。
どうやら倒していたらしい。出来ればアサの撃破報告だけは流してくれると助かるな、と思った。
その後、像を某み○ささんが上手く隠し、防衛続行。
20分付近で防衛ライン決壊。
少しでも先頭を走る敵にちょっかいをだすが効果は薄い。
頂上へ戻ると細道を利用して防衛行動。
すぐさま毒撒きなどの支援。
そしてSCミスで俺に任せろを使用。
どうせ誰もそんなヒマないだろうと思ったが、1つだけ支援があり発動。
とりあえず敵を殴っておいた。
あれだ、敵の目をひきつけるためにしたんだ、たぶん・・・。
ラスト5分を切っても像は割れずのラッキー展開。某み○ささんがMVP間違いなしだ。
その後東は頂上に残り続けるが、最早点差は安全領域。
西に迫られつつも点差を守りきった。


3月2日(日)7回目(無制限・固定)
[無制限]固定 ウテナ湖演習場
1位 東軍2693(64人)
2位 南軍2425(66人)
3位 西軍2018(59人)
4位 北軍827 (60人)

序盤北へ。
像の位置を発見し、連絡するが誰もこない。
結局一人で壊したのだがどうやら壊滅していたらしい。
初回のぶつかり合いで北に負けるのは珍しい。
味方の分布をみると結構広がりすぎてたように思う。
その後なんとか復旧した本隊。
時間もいまいちだったので再度北へ向かう。
北を即割りして、北の細道にいくと東軍と衝突。
おびただしいアルカナが待ち構えており、あっというまに混乱して死亡。
その後東が2つに分かれたようなので敵を殲滅するチャンス。
西軍で待ち構えるが、こちらの数も多くない上、東の某アン○ロタンク一騎に手こずりあえなく全滅。
たとえ、ししおどし・地形の利を考えてなお一騎に手こずるのはやはりまずい。
そして敵が分裂したチャンスを生かせなかったのも良くない。
結果的に西が戻ってきており、東もそれ相応の打撃は受けたようだが南はそれ以上に打撃を受けた。
その後手間取っているはずの西を考慮し、東へ行くが既に西巫女タンク。
とりあえず寸止めを壊したが、あまり南にメリットはない。
痛恨のミスをしたのがラストの東像。
先の西タンクの件もあり、ラストにかけていたのだが東にいっている戦力がなかったようだ。
結局西が本隊でいくまで東は確保できなかったらしく、5分のタイムリミットオーバー。
確認をしないで行かなかったことに反省。像状況の把握が甘かった。
そのまま、点差・展開的に西の寸止めを壊すわけには行かず、西へ向かうが既に時遅し。
南も東にもって行かれ点差を離される。
北は一応キープしていた。
途中北を割りにきた東アサがいたが、ひたすら像に攻撃し続けてしまった。痛いミスその2。
割れなかったとはいえ有り得ないミスだ。猛省。
南像の割れたあとに北像破壊。が、点差は届かず。
西のキープ、東の5分を切る前の破壊と勝てる要素は多くあっただけに勿体無かった。


3月2日(日)8回目(無制限・固定)
[無制限]固定 サウスダンジョンB1演習場
1位 東軍3226(62人)
2位 西軍2085(62人)
3位 南軍1500(64人)
4位 北軍1031(64人)

序盤はりせき。
復帰後、西へ行く途中瀕死の敵を発見。
武器をチェンジし、奇襲・・・が、対象は射程をryのシステムログ。
なんとか追いつき再度、せっt・・・が対象は射ry
それならばとちょっと進んで通常こうげk・・・なんで走り続けているんだ。
ちなみにこちらはブーストパパで相手は徒歩である。
完全にryだったので相当前を行き、ようやく攻撃成功。が・・・敵の大軍。
即座にきびすを返し、ぶっちぎ・・・ったはずが死亡。
正面から攻撃か?と思うと何故か画面が変わり敵を倒した3,4歩離れた位置へ。
これはちょっと酷いんじゃないだろうか。
その後本隊と共に東陣へ向かうが、西の大軍。乱戦になる。
その間東は南像を破壊。
そう、まったくもって東有利の展開。
西と東がかち合わず、ただ悪戯に西と南で潰しあい。
その展開は結局ラストまで変わらず。
東は西を多めに残しており、付け入るチャンス。
だが、西像に来たのは某キ○ドタンクと自分のみ。
あえなく護衛に潰されアウト。
そして、東も取れず終了。
全く良いとこなしであった。


今回のラスト2戦、東有利の展開になりすぎた。
一度そういう流れを作ると中々抜け出せずそのまま終わってしまう。
確かに難しいのではあるのだが、負けるとわかっている展開をむざむざ続けるのはやはり悔しい。
ウテナではラストの西像・東像のキープがネックに。
東にはある程度気付いた人が行くようにするしかないだろう。
本隊を動かすには遠すぎるし、せまい。抜け出すのにも一苦労だ。
対してラストの西像は全部は取れずとも最低半分さえ取れていればまだ展開は変わっただろう。
勝つのが勿論最高ではあるのだが、勝てないまでもそう簡単に崩れないというのが重要だろう。
無論、アルカナやその他強力なスキルがある以上難しいことではあるのだが。
だが、もっと南は有効に動けるはずだ。
そうたいしてメンバーの変わらない中、鉄火では防衛に成功している。
無論、地形その他諸々の要素があるのはわかっている。
だが、余りにも他のところで崩れるのが早すぎる。
毒を撒く、範囲を撃つ、設置をする。相手の裏をかく。インビジを使う。攻撃でなくても支援スキル。
そんなちょっとずつの工夫をしている鉄火と同じくらいの工夫を他のところでしているのだろうか?
鉄火では逃げ場がないから前にでて戦うのか?
逃げ場があれば逃げてしまうのでは崩れるのも早かろう。
皆でもう1歩前に出てみてもいいんじゃあなかろうか。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。