LEGIの雑記

いろんなことに関するあれこれをまばらに書く予定?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2月13日演習

1回目は時間が間に合わずorz
記録の人に感謝しつつ
2回目モーモー草原演習場
1位 南軍3628(--人)
2位 北軍2999(--人)
3位 東軍2629(--人)
4位 西軍1642(--人)

開幕、東へ。
像わき位置にいくも像なし。
移動の旨報告し、探索するが既に北がとりついていた。
おとなしく岩叩く。なんか重い。
その後ある程度の時間になったので像へ。
北像に防衛が。
そこそこ数も多く、ドルタンクも多い。そしてアルカナも。
とりあえず突撃、アルカナの混乱で高速化&攻撃力UP。
アトラクトもかかるが、ラグのためか混乱のためかPCのしょぼさのためかそこそこ攻撃し続ける。
少し削って死亡。
そのうちに援軍。
起こしてもらい、奥の像へ狙う。
久々にソロと戦ったが、なんとか勝つ。
もうちょいで死ぬとこだった。
なんというか反応が鈍い。
味方が撹乱してくれている間に、削る・・・が、遅い。
いつもなら良いスピードで削れてくれるのだが、止まったりの繰り返し。
すると突然、ゲーム画面から、通常PC画面に。
再起動を行います?
(#^ω^)良い度胸だ。
当然、いいえを押し、ゲーム画面へ。
すると後像はあとわずかで、奇跡的に生きていた。
ラッキーと思い、武器換装して像にセット。
AVOID
(#・ω・)・・・
気を取り直し、セット。味方はもう半壊滅になっていた。急いで救援を・・・
AVOID
(#-ω-)・・・
そして、アトラクトなどを食らい壊す間もなく死亡。
演習でこれほど激しい怒りにつつまれたのは初めてかもしれない。
右手側からめきっという音が聞こえたのはきっとキノセイ。
死に戻って再度入ると、西がいる。
ソロであることとパパ持ちであるLEGIにかかればWPまで逃げるのはたやす・・・くなかった。
ロード時間はかかるわ、位置戻りしまくりで道途中で死亡。
歩いたってこの距離は超えるだろうといったところ。
さらに入ると東。
さっきよりはましだったが、WP手前で死亡。
さらに、右手側から何か音がしたのはキノセイだろう。
ロビーに戻ると再度、再起動しますか?という文字が。
気分とPCを落ち着けるためにも再起動し、IN。
北側WPへいくとドルタンク3が待ち構える。
釣れないもんかと前にでると、あっさりアトラクト。よりすぎたらしい。
ようやくまともに移動できるようになったのはラスト手前。
東は味方が向かったので北へ。
ともかくアタックするが、武器換装は反応せず、スキルも反応せず、gdgd。
わずかなダメを与えておねんね。
まったくこれっぽちも完全に役に立っていなかった。
時間間際に南が割れるが、東を味方が割って勝利。
結局、北を割ることはできなかった。


近年稀に見る、怒りを覚えた演習。
これはPCのせいなのか、MAPのせいなのか。
両方のようなきがするが。あと回線?
とりあえずマウスがホイールクリックが反応しなくなっていた。軟弱な。
まぁ98時代のふじつーについていた奴を流用しているので限界といえば限界か。
よく持ったほうだとは思う。キーボードは未だ健在だが。
蒲鉾さんところにもマウスの話が載っていた。
某ねこさんもSC設定のできるマウスを使っているらしい。
お金はあまりないのだが、考慮してみよう。
今回、北はWPの前に人員を起き封鎖をしていた。
南が多く使う現状ならば、それは当然だろう。対策は急務だ。
あとやはり、北の像を割るのは難しい。
道がせまく、相手にとっては守りやすい。
ラストの状況、東が取れていたからよかったものの北が割れるようにはしておきたい。
倒す敵の優先順位と連携が必要だな、と思った。
南は少々ばらけて突撃してしまうところがある。
(率先して飛び込んでいる馬鹿が言うのは大変恐縮なのだが。偵察のためと勘弁してほしい。)
なるべく、チャットを活用しようと思った。
あぁ、せめて像にくらいはAVOIDはなくしてくれまいか。
まぁそう起こることではないのだが・・・。

↓ちょっとしたこと

閑話
某ト○カ氏がロビーで死体に・・・。
もちろん、死んだフリ。
ハッこれならアトラクト避けれるのでは?と思い突撃wis。
やはり避けれるらしい。が、空蝉と同じように固有ディレイがあり30Sだとか。
そして、ハイドが欲しいといってたのが妙に印象に残った。
たしかに、ケイブハイドはあるがD内のみでしか使えない。
個人的にレンジャイという職があまり好きではない。
妙にアサシンとかぶるところがあり、超回復をもっていたり、箱あけれたり、知識豊富で金稼ぎできたり、昔マンゴーシュの悲劇があったり(悲劇というのはご大層だが)。
が、職性質が嫌いなだけで人が嫌いなわけではない。
むしろ、某ト○カ氏はソロで工夫を重ねている人。
それは尊敬に値するし、ソロとして油断できないと感じるのは彼だけだ。
そういった人が望むことならば他職ながら要望を出すにやぶさかではないな、と思った。
そしてスキルも妥当な性能だとは思わない。
彼と戦うのがより面白くなるだろう。

・死んだふりの固有ディレイ撤廃
・ケイブハイドの演習中使用可能

そんな余計なおせっかいの話。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。