LEGIの雑記

いろんなことに関するあれこれをまばらに書く予定?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1月27日演習

久々の演習。ブランク明けなのにまたブランク
どうしようもないですね。

記録の人に感謝しつつ。
[無制限]固定-野外2回目:東アクロニア海岸演習場
1位 西軍3658(63人)
2位 南軍2571(60人)
3位 東軍1880(58人)
4位 北軍1141(53人)

いつも通り西をメインに狙う。
今回は東と西の戦闘が長引いたりしたおかげであまり回数が登れなかった。
登山途中の失敗も1,2回あった。中盤は東などへも。
やはり全体としてみると西の防衛力に負けた感はあった。
特にラストの西像はほとんどの陣営がほとんど登れておらず、また登っていても防衛に阻まれていた。
かくいう俺もその一人なわけではあるのだが。
途中、味方の援護をしていたが時間が残り少ないので先に像の場所を確認するため離脱。
オーソドックスに奥に像をおしこんでいたところをアタック。
とはいえ、所詮ソロ。微々たるダメージを与えて散る。
場所を軍チャで流すものの増援は来ず終い。
他軍も見えなかったあたり下で完全にシャットダウンされていたのだろう。
なんとかあの防衛を突破したいところだが・・・。
やはりポイントとしてはドルの多さか。
単純火力こそないものの拘束力の高いアトラクトはタンクとて脅威だろう。
いくらリフレク搭載だろうと数の前には厳しい。
各個撃破できるほどの時間もないのが厳しいところ。


[無制限]固定-野外3回目:鉄火山演習場
1位 西軍2914(70人)
2位 南軍1970(71人)
3位 東軍1691(71人)
4位 北軍1361(61人)

防衛は出来ず、像も取れずといった完全な負けパターンに陥った。
開幕早々の西との戦闘はなんとか優勢に運んだものの、続いてきた東に飲み込まれてしまった。
やはり敵を倒すにはある程度散開して逃げた敵を追うことは重要だと思う。
早期に敵を全滅させるほうがこちらの体勢を整えやすいからだ。
しかし、途中で敵が来た場合にはやはり速やかに一旦引くのが肝要だろう。
この攻めと引きの切り替えの速度で防衛の成否は決まるといっても過言ではないだろう。
今回は特にそれを感じた。
この切り替えをするのは個々の意識は勿論、お互いに声を掛け合うことが重要だろう。
そういった意味では今回はかなり声を掛け合っていたように思う。
その後立て直しにも時間がかかり、結局後半に至るまでまともな活動はさせてもらえなかった。
また像に関しても、登っていない軍が本隊規模で破壊して回っており、割って入るのは中々厳しい展開であった。


[無制限]固定-野外4回目:ウテナ湖演習場
1位 東軍2564(72人)
2位 南軍2241(71人)
3位 西軍1726(74人)
4位 北軍1698(64人)

そう悪くは無かった回。
途中、東にいつもの南のパターンを奪われはしたものの上手く対応できたほうではあると思う。
勝敗を分けたのはラストの像だろう。
南像はラスト50Sで沸くという最も嫌なパターン。
そして東は早々に割れてしまっていた。
それでも西像をキープできてさえいればまだ勝敗は変わったのではあるが、これも東に奪われる。
寸止めし、南へ西像を運ぶ東。
飛び出しの機会を待っていたところの東像破壊のアナウンス。
あと数十秒違っていたらと思うと悔やまれるところではある。
とはいえ、南像が東に完全に取られていれば結局敗北を喫していただろう。
もっとも良いパターンは西と東が均等に取り合うことだったのだが、西の到着は若干遅れたために東が完全に壊してしまっていた。
自軍像の時間管理も重要だ。


[無制限]固定-野外5回目:サウスダンジョンB1F演習場
1位 南軍3576(66人)
2位 東軍2721(72人)
3位 北軍1020(63人)
4位 西軍916(73人)

いつも通りの動きをするものの、中央は混戦になり早々に壊滅。
見つけたトルマリンで光るとあとはひたすら岩狩り。
途中色々な人と遭遇するがほとんどスルー。
たまにタンクが憑依し直しをしているところだけちょっかいを出す。
ソロドルを見るもある程度牽制しスルー。
本陣近くであったために無理して追っかける必要もなかったのでスルーしたが、ベリルで戻ってくる。そしてアトラクト。
流石にインビジからのアトラクトは全く反応できなかった。
油断しすぎたなとは思うが、まさか本陣近くで再度戻ってくるとは思わなかった。
ちょっと最近、こうだろうとかこのはずだという思い込みが強いように思う。
まぁ良い教訓になったと思う。
結果的に耐えてるうちに味方が来てくれたので反撃して終了。
途中、像が運ばれているところに遭遇。
ドルタンクと追撃する。
敵のタンクが解体され、倒しきったところで突然像が割れる。
遠くに去るタンクの機影。
完全に油断していたといえるだろう。
とはいえ視線カットのための壁も移動させる術もないアサではどうしようもないのではあるが。
これも教訓になった。
そして、終盤近くまで岩狩りを続けた。
ラストはイヴァで殺されたので気軽に東像へ。
東本隊が戻ってくる中、皆で協力し割る。
上手い具合に像が割れてくれて助かった。

2位が多かった今回の演習。
ラストのような一致団結ができればもっと1位をとれるだろう。
確かに他軍の戦力は強力ではあるのだが、南とてそこまで劣っているとも思えない。
後は攻めと守りの切り替え次第といったところだろうか。
まぁ無論、散々挙げたバランスの調整はあってしかるべきだとは思うのだが。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。