LEGIの雑記

いろんなことに関するあれこれをまばらに書く予定?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

演習ガイド(アサシンスキル編)

スキル編の続き

アサシンスキル


フードファイター(L1で取得可能)
・・・私的評価:1
食べ物類の効果を高めるスキル。しかし、主流は飲み物なので恩恵小。
回復系アイテムを食べ物にするならとってもいいかも。


瞑想(L1で取得可能)・・・私的評価:1
SPを消費してHPを回復するとができるスキル。
しかし、SP消費の割りに回復量が少ないので演習ではほとんど意味が無い。
おまけにモーションが遅い。


クローマスタリー(L3で取得可能)
・・・私的評価:2
通称爪マス。爪使用者なら必要だとは思うが、演習において爪は相当使い難い。
他2つのマスタリ同様、命中・最低攻撃力UP。


投擲武器作成(L5で取得可能)・・・私的評価:0.5
投擲系アイテムを作成できるほかに、通常攻撃使用時に投擲消費を軽減する。
とはいえ演習では通常攻撃を使うことは滅多にないので意味が無い。
おまけに作成できるものは低いLVの投擲武器ばかり。


気合(L5で取得可能)・・・私的評価:1
一定確率でステータス効果を消すスキル。
当然ソロでとっていてもほとんど意味の無いスキル。
タンクの中から使うならまだましかも知れないが、良し悪しに関係なく打ち消すので使い難い。


三段突き(L8で取得可能)・・・私的評価:2.5
爪を爪たらしめるスキル。これと狂気毒を合わせれば凄まじい速度になる。
とはいえ、爪限定でかつMAXが10とスキルポイントが厳しいスキル。
LV5くらいでもわりと恩恵があるスキルではある。


投擲射程上昇(L10で取得可能)・・・私的評価:2
投擲装備時の射程を延ばすスキル。
だが、最大射程が6と決められておりそれ以上になっても6にしかならない。
当然、遠距離減衰がつく。
最近の投擲武器は射程がそもそも長めなのであまり恩恵がない。
最大射程にしたいがためにLV調整してとるのも悪くは無い。


ポイズンニードル(L10で取得可能)・・・私的評価:1
命中種類が武器によって変わるスキル。
SP消費も少ないものの演習においては成功率は低くなってしまった。
おまけに専用の毒針消費。
毒はアレスなどで簡単に直せるので効果が薄い。


硬化毒 (L13で取得可能)・・・私的評価:2
触媒消費のスキル。効果時間は長めで最低防御も上がるのが嬉しい。
ただ高LVほど毒になりやすいので注意。
VIT型アサには恩恵が大きいかもしれないが、総じて防御面で不安の残るアサにはイマイチ。


投擲命中率上昇(L15で取得可能)・・・私的評価:2
これのあるおかげで銃コマよりは命中が上がることになる。
投擲使用者ならばとっておいてもいいスキルではあろう。


毒耐性上昇 (L15で取得可能)・・・私的評価:0
なんのためにあるのかわからないスキル。
効果のあまりのなさに絶望。


幻視空蝉(L18で取得可能)・・・私的評価:5
ソロ御用達の高性能回避スキル。
固有ディレイがあり、不具合も多いがそれでもまだ使うメリットは大きい。
移動と回避を同時に出来るのが最大の魅力。
ほとんどの攻撃を回避できる。
スキル選択→移動位置指定という2プロセスなので慣れないうちは大変だろう。
そして現在の演習では高速詠唱なので見てからでは遅い。
考えるんじゃない、感じるんだ。
MP消費なので一応注意。


クローキング(L20で取得可能)・・・私的評価:5
アサシンをアサシンたらしめるスキル。
消えたままで移動可能という性能による恩恵は大きい。
だが、範囲攻撃には巻き込まれる上、クレア持ちには見えてしまうので警戒が必要。
また、詠唱中に消えてもハイドと違い詠唱は継続され、攻撃をもらうことになるので注意。
他にも消えるためにはハイドと違い、自分の周囲7×7マス以内に敵がいないことが条件となる。
慣れるまでは消えるのに手こずるかもしれない。
逃げに使うもよし、攻めに活用するもよし。


バックアタック(L20で取得可能)・・・私的評価:3
近接・投擲どちらでも使えるスキルなので投擲と相性が良い。
貴重な敵に硬直効果を与えることができる。
ディレイこそ長いものの詠唱はないので当てやすい。
レベルが上がるにつれ硬直時間<自分のディレイとなるのでLV1推奨。
敵の真後ろからだと威力が上がる。
とはいえ判定は厳しいので、動き回る演習においてはほとんど関係ない性能。


豪腕毒(L23で取得可能)・・・私的評価:2.5
触媒消費の最低・最高攻撃力を上げるスキル。
高LVになると毒率が上がる。
最低攻撃力が上がるので恩恵は少なくないし、効果時間も長め。
攻撃メインのアサには使い道があるはず。


アプライポイズン(L25で取得可能)・・・私的評価:1
修正により使いづらくなってしまったスキル。
一定確率で通常攻撃に毒を発生させる効果を付与するスキル。
演習においてもあまり旨みはないスキルになってしまった。


アサルト(L30で取得可能)・・・私的評価:3
クリティカル発生率を上げるかわりに防御力が下がるスキル。
クリティカルよりは効果が弱いものの持続時間は長いので使いやすい。
クリ精錬の武器とあわせると効果大。


スキャターポイズン(L30で取得可能)・・・私的評価:5
自分を中心に5×5の範囲で毒を撒く。
攻撃力はHP依存で術者の最大10%で必中。
攻撃回数がレベル毎に決められているので持続時間よりも早く切れることがしばしば。
タンクはもちろん、ソロでも使える良スキル。
専用ステが出来るほどと言えば効果の高さがわかるだろう。
攻めにも守りにも使える。
高レベルになると詠唱が長くなり、ディレイが減る。
修正により設置系スキルの中での優先順位が上がったようで、他の設置スキルの設置を妨害することが出来る。また一回ごとに当たり判定があるので、範囲内にいる敵はまず詠唱が出来ない(それでもスピエンライオは飛んでくることがある)。


暗殺者の魂(L30で取得可能)・・・私的評価:0.5
狩りや憑依落ちでは役に立つ魂も演習ではほとんど役に立たない。
というのもアサは憑依中使用不可のスキルが多く、中にはむいていないからだ。
チョーキングガスや閃光手榴弾を使えば一応の支援は出来なくはないが・・・。


クリティカルダメージ上昇(L33で取得可能)・・・私的評価:4
非力になりがちであるアサにとっては貴重な攻撃力UPスキル。
クリ時のダメージを上げるので条件さえ揃えば高威力が期待できる。
短剣・投擲型共に推奨スキル。


狂気毒(L35で取得可能)・・・私的評価:2.5
爪DCという表現が一番わかりやすい。
一定確率で毒になるものの、三段突きを取得していればまさしく怒涛の攻めを実現できる。
とはいえ、演習では敵は止まっていてはくれないし、攻撃してこないこともない。
その速度を生かせるような場面は極めて稀であろう。


毒成功率上昇(L38で取得可能)・・・私的評価:0.5
修正により効果が弱まったスキル。
対応するスキルがポイズンニードルとアプライポイズンしかないのでより一層微妙さを醸し出している。


幻視形代(L40で取得可能)・・・私的評価:未知
まさかの演習時使用不可能スキル。
スキルの地味さもあってか、未だ演習解禁にはなっていない。
だが闘技場で使ったことのある人ならばわかるとは思うが、実は対AGIにおける切り札。
武器が使用者に依存するので遠近で使える。
効果時間こそ短いものの、詠唱もそう長くなく、ディレイもないので再召喚は容易。
最近、ちょっとした形代の使い方が判明した。


コンバインフォース(L40で取得可能)・・・私的評価:3
PTを組んでいると最低・最高攻撃力が上がるスキル。
ステにこそ反映されはしないが、その恩恵は少なくない。
余裕がある場合や少しでも威力を上げたい人にはお勧めのスキル。


フットワーク(L41で取得可能)・・・私的評価:5
待ち望んでいた回避上昇スキル。
近接・遠距離の両方が上がり、割合上昇なのでAGIを振れば振るほど効果大。
まさしく回避職たるスカ系列には必須スキル。


奇襲(L50で取得可能)・・・私的評価:3.5
スカ系単発最高火力スキル。
透明時からの限定使用とディレイの長さ、ノックバック効果が使いにくい。
おまけに単発なのでミスして相手に0ダメということも。
だが、近接・投擲どちらでも使用可能でスタン時間はかなり長い。
%が高いので硬い敵に有効。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。