LEGIの雑記

いろんなことに関するあれこれをまばらに書く予定?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

演習ガイド(ステータス編)

今回は演習にでるステータスに関して書こう

ステータスを決めることを通称:ステ振りという。
勿論、適当に振ったステで出るのは個人の自由だ。
レベル上げをしたいからステを変えたくない、というのもあるかもしれない。
だが、ここではあえて演習用のステ振りをいうものに関して書こうと思う。
このステ振りは演習においてとても大事なものだ。
ステ次第でそのキャラの性能が決まってしまう。
それはできることとできないことができるということだ。
演習ではPCを相手にするわけだからMOBとは違う。
そのことをよく考慮しておこう。

まずはコンセプトを決めよう。
ステ振りを考える上で必要なことは自分が演習で何をメインにするか?ということだ。
PCとの戦闘をメインにするのか、あるいは別の何かなのか。
そして、ソロなのかタンクなのか。タンクでも中(憑依側)なのか外(被憑依側)なのか。
それらにあったステ振りをすることでより効果を上げることができるだろう。
では、具体的にはどんな風にして決めるのか?
勿論、人それぞれではあるのだが、一応例を挙げてみようと思う。
自キャラのLEGIを例にとってみよう。

LEGI
職・・・・・・・・・・・アサシン
行動スタイル・・・ソロ
目的・・・・・・・・・単独像破壊と一通りのスタイルの敵に対応できるようにする


・職の特性を把握
さて、LEGIの職はアサシンなので、消えたまま動けるスキル、クローキングがある。
これによりソロでもある程度行動がしやすい。
このように職により向き不向きがある。
例えば、ナイトに隠密行動をさせようと思っても難しい。
ベリルなどがある以上、出来ないことはないのだが、向いてるとはとてもいえないだろう。
そういった特性を把握するのも重要だ。
当然、この特性はスキルに大部分依存する(ここではスキルの話は割愛、次回にでも)。
アサシンは他にも職補正・スキル的にみても回避に向いているという特性を持つ。


・タンクとソロ
次にタンクとソロの違いについて少し書いておこう。
ソロの利点
周囲の人に寄らず、戦力として安定している。
戦闘不能になっても自分1人分の戦力の損耗にしかならない。

タンクの利点
戦闘の要とも言える戦力になりうる。
役割分担が出来るので多少操作がラクになる。

ソロの欠点
戦闘能力としては低い。
上記理由によりできることが限定される。

タンクの欠点
戦闘不能or崩された場合、建て直しに時間がかかる。
1騎倒されたときの戦力低下が痛い。

と、かなり大まかではあるが挙げてみた。
演習において、基本的にタンクのほうがソロよりも随分と戦闘能力は高い。
タンクは人数を割いている以上、強いのは当然だ。
だが、タンクは複数の人で構成されるため、例えば出れない人がいるとそのタンクは不完全になってしまう。勿論、それでも優位であることに変わりはないのだが、同等のタンクと当ればその差は致命的になるだろう。
そのように多少不安定という側面ももつ。
とはいえ、安定してタンクを組めるようならば圧倒的にタンクのほうがいいのである。
憑依による魂効果で1+1が2以上の数字になりうるからである。


・行動スタイルの決定
と、前述の通り大体においてタンクのほうが有利である。
だが、そこであえてLEGIはソロにした。
それは固定PTが基本的にソロプレイヤーばかりであったし、そもそも自分が人を載せることにプレッシャーを感じるからである。そして、敵を倒すことにあまり喜びを感じないことと、最小戦力で最大の効果を挙げることができる可能性があったからである。
目的部分と関連することではあるが、現在の演習において像は最も得点推移が大きい。
戦力としては最小単位のソロで像破壊をこなすことができれば、これは軍全体にとってプラスになるだろう。
勿論、これは極めて浅はかな机上の空論だろう。
敵は3つあり、そうそうことは予想通りに行かない。
基本的に失敗して当たり前である。
だが、それでも極稀に成功することはある。
そのときの達成感は最高だ。
特に、ラストの最も重要なシーンであればなおのこと、である。
というふうに自分なりのスタイルを選べばよいと思う。


・目的
上でも書いたが、そいうわけで単独像破壊狙いである。これにはある程度のSTRとAGIを振る必要がある。
特性でも書いたが、アサシンは回避に向いているので回避が高くなるようにAGIを振る必要がある。よってSTRそして、ある程度どのタイプの敵にも通じるように遠距離命中となる投擲も使えるようにしようということになる。そうなるとある程度INTにも振ることになる。
そして当然耐久も欲しいのでVITにもポイントを、という風に考えると
AGI>STR>VIT=INT>DEXといったステが出来上がるのである。


・デメリットの把握
とまぁ、一通りステの全体像は見えたわけだ。
そこでその作ったステのデメリットにも目を向けてみよう。
LEGIのステの場合、全般的に対応できるようにした分、攻撃の手数は増えたものの基本的にステはフラットになりがちなので特化型には弱い、器用貧乏になってしまう。
そして、ソロである以上タンクとは基本的に渡り合えない。さらに相当脆い。
そういった悪い面を把握し、なるべく苦手なことをしなくていいように事を運ぼう。


・最後に
とここまでgdgd書いてきたが、千億の推測よりもただ一つの行動、実際にやってみるのが一番いいだろう。
ある程度適当に決めて、自分で実際に使い、その中で細かい調整をしていけばいいと思う。
自分なりの工夫したステで効果が得られればより楽しむことができるだろう。
なんかしらの参考になったのなら幸いだ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。