LEGIの雑記

いろんなことに関するあれこれをまばらに書く予定?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

生存報告

なんだかいつのまにか記事の間隔が空いていました。
もちろんレベルあg・・・忙しかったんだよ!
なんとか99にしましたが・ω・

演習にも新MAPがくるそうな?そろそろ復帰したいところです。
復帰するなら是非ブーストは欲しいところ。
さりとてお金もなく・・・一応スタンプ一か八かに向けて集めてはいますがレアどころがさっぱり・・。
なかなか厳しいですね。

レベル上げのお話。
今回はアニバ期間とも被っていたので、今のうちに上げといたほうがラクだろうなぁと思って頑張りました。
遺跡やらウォーターレイアーやらでいろいろ経験値に関する修正やらがありましたが、ここでは割愛。
ソロ狩りは相変わらず出来ないことは無かったのですが、ともかくやる気が直ぐ無くなる。
ペア狩りしようにもフレドルがほとんどINしていないというせつないこともあったので、野良遺跡PTへ。
思いのほか経験値が悪くなかったことと結構気楽にやれるところがGOODでした。
疲れたら抜けれるところも時間調整ができてよかったように思います。
また、いろんな職や人と狩りできるところも魅力でした。
結構同じ人と一緒になってた気もしましたが。
狩りにやる気が出ない方、野良遺跡PTなどいかがですか?

ウォーターレイアーのお話。
なかなか綺麗なところでいいですね。天界がどう展開されていくのか楽しみです。
個人的によかったと思ったのは海底洞窟。
同じような水の中のMAPでも大陸Dとは大違い。
進歩を感じさせるMAPでした。
えぇまぁ、真珠関連は流石ガンホーちゃんでしたg。
マーメイド入手も先になりそうです。

演習記事も少しずつ上げていきます。
帰省するのでこの記事が本年最後です。
皆様良いお年を。

スポンサーサイト

PageTop

演習ガイド(F系スキル編)

スキル編続き
基本MAXLVでの話となります、悪しからず。

ソードマン系
ダメージUP系パッシブが2つほどあるので回避型とはいえ、一撃もらうと瀕死や死亡に繋がることも。
基本的に両手剣が多い。射程2だということ覚えておこう。
近接系の中では攻撃・耐久・回避のバランスが良く、スキルにも妨害・解除・火力の3パターンがありトータルバランスで安定している。

挑発(単体指定)・・・私的脅威度:1
演習における挑発はダメージこそ与えないが射程5と当たり判定があり、詠唱妨害として使われると結構厄介。中からでも使えるので詠唱長めのスキルを使うときは気をつけよう。


ワークライ(周辺範囲)・・・私的脅威度:2
自分の周囲(おそらく5×5?)にスタン効果を与えるスキル。
詠唱もそう早くなく、ディレイも短くはなさそうではあるが範囲攻撃なので厄介。
あまり成功率は高くないイメージ。
これも中からやられると見えないので危険。
モーションは\(^o^)/


旋風剣(周辺範囲)・・・私的脅威度:3
自分の周囲に攻撃を与えるスキル。
モーションは剣を一周振り回す。
特にタンクがこれをしてくると大打撃を受けることもありうる。
突撃→旋風剣のコンボは今でもSUにとっては脅威だろう。
詠唱が長めではあるのだが、後述の殺界により詠唱がなくなるので危険。


殺界(自己支援)・・・私的脅威度:3
一回の行動のみ詠唱を短縮するスキル。L5をつかうと無詠唱になるのでL5が主流。
先述の旋風剣他、攻撃スキルとの組み合わせがメインの使われ方。
モーションは剣を腰に当ててオーラが出る。
これをやってきたら攻撃がくると思ってまず間違いない。


百鬼哭(単体指定)・・・私的脅威度:4
近接系物理最高火力スキル。単体指定。
強化連続突きというとわかりやすいだろうか?
5回攻撃の推定1000%オーバースキル。
詠唱はそう長くなく、ディレイは長め。
とはいえ、DCでディレイキンセル可能。
特にタンクが使うと危険極まりない。
モーションは5回切りつける。


二段斬り(パッシブ)・・・私的脅威度:1
一定確率で通常攻撃時に攻撃が一回増える。
DCして切られると結構な速度になるので回避型とはいえ危険な可能性も。
パッシブスキル。


ブラフ(単体指定)・・・私的脅威度:3
対象の防御を上げるかわりに回避を下げるスキル。
回避減少率が高いので回避型には極めて危険なスキル。
特定のスキル以外で解除は出来ない。
体感だが、効果時間は20S前後。成功率は100%。
使われると自分にエフェクトがでるのでかかったことがわかりやすい。


グラヴィティ(周辺範囲)・・・私的脅威度:3
旋風剣と同系統のスキルでこちらは威力が若干落ちるようだが、範囲は広い。
範囲はわかりにくく正確には5×5ではないらしいが、そう思っておいて悪くは無いだろう。
結構なノックバック性能であり、像移動にも使えたりする。
味方が死ななくても散らされてしまうので厄介。
フレ曰くSP消費が大きい。
モーションは青いスフィアが出る。


一閃(範囲指定)・・・私的脅威度:1(+2)←タンク時
前方に向かって扇状に攻撃し、敵の憑依を解除するスキル。
威力そこそこで縦1で横3、縦2で横5の範囲に攻撃する面白い範囲のスキル。
ソロではたいした脅威ではないが、タンクにとっては危険なスキル。
詠唱、ディレイはほとんどない模様。
モーションは剣を横になぎ払う。


フェンサー系
防御上昇パッシブとガード率上昇スキルにより、防御に長けている。
タンクの左手に憑いていることが多く、大体において外と同じ人が操作してる。
最近はほとんど盾役以外で見ない。
蘇生パッシブがあるので、倒れていても要注意。
基本的に武装は盾・片手槍が一般的?。

リヴァイブ(自己支援)・・・私的脅威度:2
死ぬと一定確率で生き返ることができるスキル。
効果時間はそこそこある。確率は大体50%程度の成功?
詠唱は長めではある。
このスキルの恐ろしいところは他のスキルとの複合できること。
後述のネクロリザ・サクリファイスと併用すると復旧役として大きな働きをすることになる。


サクリファイス(単体指定)・・・私的脅威度:2
自分を犠牲にして対象を蘇らせるスキル。
50%程度のHP回復量で、詠唱は早い。
ネクロリザ起きる→即味方にサクリのコンボが強力。
敵でやられると厄介極まりないのだが。


スピアサイクロン(範囲指定)・・・私的脅威度:1
前方3×3と自分の左右1マスに攻撃範囲のある突きを3回するスキル。
そこそこ広範囲なので一応注意。威力もなかなかある。
とはいえ、詠唱もモーションも長め。


ネクロリザレクション(パッシブ)・・・私的脅威度:4
行動不能時に一定確率で蘇るスキル。
一回成功すると立て続けに成功することがあるので確率がイマイチ不明。
下手をすると7回連続などで起き上がることもあるので厄介極まりない。
とりあえず、倒れているフェンサー系を見たら起き上がると思うくらいがちょうどいいだろう。


血の烙印(単体指定)・・・私的脅威度:3
対象に血の烙印を押し、闇属性魔法のダメージを通りやすくする とのことだが、本来の使い方はあまりされていないスキル。
当たり判定と射程があり、詠唱・ディレイがないようなので主に詠唱妨害に使われる。
相当早いスピードで連射ができるので、特に中にいるときに役に立つ。

スキルとしては有用なものがあるが、あまり見ないので割愛。


アーチャー系

射程があるの遠距離から狙い撃ちしやすい。
INTの恩恵が大きいのでステ的に無駄が少なくなる。
弓と銃では同じ職とは思えないほど違いがでる。
近接攻撃と遠距離攻撃回避パッシブによりスカ系クラスの回避性能。
最大射程では流石に発生するが、基本パッシブスキルにより遠距離減衰はしないので注意。
弓は長弓、銃はライフル系が多い。


バラージアロー(単体指定)・・・私的脅威度:2
コマスキルで説明したバラージショットと同系統スキル(こっちのが本家だが)。
5回程度の攻撃回数で威力は悪くない。長射程とあわせて厄介ではある。
モーションはそこそこ早めで矢を5回引く動作。
命中力が下がるので避けやすいが、大抵使う人は支援スキルをかけてから撃って来るので注意。


ファーストドロー(単体指定)・・・私的脅威度:2
詠唱・ディレイ0の低倍率スキル。
そのためAGIの低めなガンナーでも連射が可能。
火力・高VITにやられると厄介。


バラージショット(単体指定)・・・私的脅威度:2
ガンナー版バラージアロー。
コマスキルや上のバラージアローでも説明したとおりのスキル。
コマと違い二丁で使うと攻撃弾数が増える。
とはいえ、射程の関係上、演習で二丁をつかうひとはほぼ0。


催涙グレネード(単体指定)・・・私的脅威度:4
フラッシュグレネードと同系統のスタンスキル。
違いは単体指定で3×3の範囲で、職武器の都合上の射程。
おなじく、レジ貫通で触媒消費。
長射程なので見えないところから飛んでくることも。要警戒。


オーバーレンジ(自己支援)・・・私的脅威度:3
自分の射程を上げるスキル。
もともとライフルや長弓は長射程だが、さらにこのスキルにより長くなっている。
効果時間は約30S程度?


CQB(パッシブ)・・・私的脅威度:3
パッシブに関しては冒頭で説明し、書かないつもりではあったが少々特徴的なので少し。
近接戦闘時の命中と回避を上げるスキル。
とはいえ、対象が近いから近接戦闘というわけではないようで単純に近接命中・回避が上がるらしい。
つまり、アーチャー系のエモノは基本遠距離命中なので命中UPの効果はない(っぽい)。
そして、問題の回避のほうはというと近接命中でも射程2で(両手シリーズなどで)攻撃するとどうやら回避UPはしていないらしい。つまり射程1の近接回避のみ上がってるようだ。投擲装備などで射程1のスキルを使っても回避は上がらないようだ。
はっきり言ってパッシブでステにも反映されないので不確か極まりないが、なるべく射程2から攻撃するように心がけよう。


バレットダンス(周辺範囲)・・・私的脅威度:5
自分周辺5×5に8発の弾丸を撒き散らすF系範囲最高火力スキル。
範囲内に敵が複数いる場合、ランダムで当たる弾数を振り分けるらしい。
一発の威力もそこそこで範囲もF系範囲スキルとしては広めなので危険。
詠唱は少々長め。銃が歩いていて突然動きを止めたらまず、これを使おうとしてると思って間違いない。


精密射撃(自己支援)・・・私的脅威度:5
一定時間攻撃をミスしなくなるスキル。
当然、スキルにも適用されるという高性能。
回避型を仕留めるにあたりこれ以上のスキルはないだろう。いぁ特に意味はないですけd
クリはでないもののAVOID・GUARDもでなくなるようだ?
時間は大体20S程度?スキル2回くらいは余裕で使ってくるだろう。


散弾(範囲指定)・・・私的脅威度:3
前方扇型に広がる範囲スキル。
倍率も悪くなく、範囲を広いのでそこそこ厄介。
1列目が自分を中心軸として横3マス、2列目が横5マス、3列目が横7マスという風になっている。
エフェクトがいかにも散弾。


クロスクレスト(単体指定)・・・私的脅威度:4
物理単発最高火力スキル。
射程もあるのに最高火力。いぁ特に意味はないですよ?
説明文には5発打ち込むとあり、実際5発弾消費のようだがHITは1発。
ディレイこそ少ないらしいが、詠唱・モーションが遅いので見えてればなんとか回避が間に合うことも。
見えてれば、と書いたとおり前述の理由で遥か彼方から撃ってこられると全く反応できずに寝ることとなる。

ここまで見てきた人ならわかったと思うが、ほとんどがガンナースキルである。
演習参加者のアーチャー系は大部分がガンナーである理由がこれである。
回避性能・射程・火力と3点揃い、長射程の状態異常スキルが使えるガンナーはF系の中でも特に対人向きといえるだろう。

PageTop

澄さん、じてさん、月那さん、アキラさん、なべぽ

ちょっと息抜きに。バトンをば。
息抜きで変換したら逝きぬきってでてきた。
あぁ当然やるやらない自由なんで・・・!
ブログ持ちじゃなくてもキニシナーイ

ルール
1、必ずバトンを回す大好きな方の5人の方々を題名に書いて驚かせて下さい。
2、回ってきた質問には等身大の自分で答えましょう。
3、やらない子はお仕置きです。
4、ルールは必ず記載してください。


・おいくつですか?
それは秘密。なぜならそのほうがカッコイイから!

・職業は?
アサシンです。
ごめん、大学生です。


・資格は持ってる?
英検3級とスキー3級くらい?
結構前なんでry。
あぁあと免許か。


・今悩みはありますか?
あります。
悩みのない人間はいないと思うのはryですか?


・誰かに似てるって言われた事は?

父親。


・動物占いの動物は?

やってきました

こじかタイプ

●愛されたがり
周りの人にかまってほしい、愛されたいという願望が強い人。そうされないとスネることも…。でも、自分から頼まなくても不思議と面倒をみてもらえます。

こういうのって自分ではわかりませんよn


●無邪気
とっても無邪気で、子どものような好奇心を持っています。そんな無垢な面が、周りの人にとっては魅力的に映ります。

ほー。

●好き嫌いが激しい
人やものごとの好き嫌いが極端なタイプ。ただし、それをおもてに出さずにガマンしてしまうので、思いきりストレスをためこんでしまうことがあります。

言えてるが、我慢しません。あれすんごいじこty


●人見知りをする
初対面の人に対しては警戒心が強いタイプ。でも、仲良くなると、うってかわったようにワガママな態度に…。

わりとあたってるきがs


●依存心が強い
いつも、「誰かがなんとかしてくれる」と思っているところがあります。親や恋人には、特に依存しがちです。

どうなんでしょうねぇ。

●教え上手
後輩や部下、小さな子どもにものごとを教えるのが上手。やさしい人柄なので、慕われて、尊敬されるでしょう。

バイトスキルが発動しました。後半部分は同意しかねますが。


●ナチュラル派
自然や動物が大好き。食品添加物なども気になるので、つい成分表示表をチェックしてしまう自然志向の人です。

あんまし変なもんは食べないようにしてます。

なんか占いなわりに否定的要素が多いきがするのはキットキノセイ。

・社交的?人見知り?

そこそこ社交的、そこそこ人見知り。ちゅーとはんぱ

・人の話に耳を傾ける?

ある程度は。


・ギャンブル好き?

分の悪い賭けは嫌いじゃない。


・好きな食べ物飲み物、嫌いな食べ物飲み物

好き⇒美味しいもの、お茶。郷土料理とか結構美味しいと思う。高級なのもおk
嫌い⇒特には。レバーはものによって無理。あぁゲテモノ系はダメです。

・彼氏、彼女はいますか?

ちょっと頭冷やそうか?


・彼氏、彼女にするならこんな人が理想(5つ)
●話してて楽しい。
●気兼ねしないでいい人。
●表裏の少ない人。
●料理上手い人
●じゃあ美人で
5つもねーですだよ。残り2つは適当にあったらいいなぁ程度で。

・親友と呼べる友達は何人?
んー、2は固いかな。友達以上と自信満々にいえるのならそこそこいるけど。


・バトンを回してきたあの人

瑠偉


・今までの経験で面白かったことや自慢できることは?

高校最後の運動会で自分がチーフやって仕切ってた学年が優勝したこと。

・このためなら一食抜ける

かr


・趣味、特技
趣味 読書 PC

特技 ばすけ(たぶん) けんだま(小学生以来やってないが) 


・好きなブランドは?

アディダスのバッシュは使いやすかった。
シップスは好み。高いことが多いけど。
H&Kはデザインがよい


・今、行きたい所は?
宇宙。地球ながめTEEEEEEEEEEEEE。


・もし自由に使える100万円があったら?



・将来の夢は?

ぼくのゆめはまつどさいえんていすとになつてせかいせいふくすることです
ごめん、正直世界とかどうでもry
これ俺が作ったんだぜって自慢できるものを作りたい。

・バトンを回す人は?

澄さん、じてさん、月那さん、アキラさん、なべぽ
流してくれていいよ!

PageTop

演習ガイド(コマンドスキル編)

スキル編続き

コマンドスキル

人間系回避率上昇(L3で取得可能)・・・私的評価:4
回避パッシブスキル。
効果がステに反映されないのでわかりづらいが、PC相手にも反映されているようだ。
体感としてはフットワークと同じかそれ以下の効果あたりだとは思う。
演習参加者ならあって損はないはず。


ハンドガンマスタリー(L5で取得可能)・・・私的評価:3
銃コマを目指すならば必須だろう。
他のマスタリの銃版。銃の利点は撃つモーションの速さと火力、遠距離命中。
ただし、弾と盾が装備できなくなることは要注意。
そして見た目が投擲よりカッコイイ。


タックル(L7で取得可能)・・・私的評価:1
攻撃力も高くなく、モーションも長い、ディレイも長めとあまり旨みのないスキル。
モーションがちょっと良いのと壁際で敵を挟むように撃つとダメージUPという面白い効果付き。
とはいえ、演習で上手く壁に挟んで攻撃するなど現実的ではない。
コンビネーションで上手く弾ければ出ないこともないかもしれないが・・・。


ランドマイン(L9で取得可能)・・・私的評価:3
触媒使用の罠スキル。
範囲が3×3と狭く、範囲内に敵がいると設置できないという不思議仕様。
とはいえ、命中が武器依存なのとそこそこの威力があるので使いやすい。
復旧妨害や進行妨害にあると便利なスキル。


体術マスタリー(L11で取得可能)
・・・私的評価:2
サマーソルトキック、タックル、足払い、コンビネーション、アッパーカット、ワイルドダンスの威力を上げてくれるスキル。当然、上記スキルを取っていない場合はまるで必要ない。
羽交い絞めの被弾率を下げるという噂もあるが、不明。


バラージショット(L13で取得可能)・・・私的評価:3
ガンナーのものと基本的に同じスキル。
射程が銃依存なのでレプリカマスケットライフルを装備すれば射程が延びる。
命中が下がるのが難点ではあるが、モーションが投擲の連続投げより早いので使いやすい。
銃コマなら必要スキルともいえるだろう。


羽交い絞め(L15で取得可能)・・・私的評価:2
術者のSPが続く限り、相手に抱きついて動きを止めるスキル。
ソロなら完封になるが、タンクにすると中身から攻撃が飛んでくる。
羽交い絞め中は敵を狙った攻撃も自分が被弾することがあるが、範囲攻撃には巻き込まれない。
タンクの足止めには有効かもしれない。だが100%成功ではないのでリスクを伴う。
余談だが、岩や像にも抱きつける。
本隊で像破壊するときに使うと・・・・。


ラッシュ(L17で取得可能)・・・私的評価:0.5
攻撃回数が4回な上、一撃あたりの威力も低いスキル。
体術マスタリの効きそうな名前だが、それもなくブランディッシュにすら性能的に劣る。
おまけに一般武器。連続突きがあるなら全く使い道はないだろう。


足払い(L19で取得可能)・・・私的評価:0.5
敵を攻撃すると同時に詠唱を止めるスキル。
とはいえ、演習では攻撃を食らうと詠唱が止まるので全く意味が無い。
実はバウハンも同名スキルを持っている。当然性能変わらず。
ただ、モーションは良い。コンビネーション取得時には必須スキル。


コンビネーション(L21で取得可能)・・・私的評価:0.5
サマーソルトキック、タックル、足払いを連続で発動するスキル。
上記スキルをもっていないと発動しない。
上記スキルがそもそも微妙な上、3つとってないと発動しないというせつないスキル。
おまけに本当に連続して発動してるだけなので、途中移動すると途切れる。
当然、相手が移動しても途切れる。例外として連携中のサマソなどで飛んだ場合のみ繋がる。
見た目としてはカッコイイのだが・・・。
サマソ→タックルのときサマソでノックバックした敵をタックルで瞬時に移動し追撃する様は格闘漫画を彷彿とさせる。


フラッシュグレネード(L23で取得可能)・・・私的評価:4
指定した範囲の敵にスタン効果を与えるスキル。
触媒が同じであるガンナーの催涙グレネードとは性能が違う。
装備にかかわらず、射程があるので使いやすい。
範囲こそ3×3ではあるが範囲指定などで当てやすい。
スタン時間も長めでレジ貫通。
とはいえ成功率が確率でディレイが若干残るので反撃を食らうことも。
そしてタンク相手にはスタンは直ぐ回復できるものなので本当に一瞬しか足を止められない。
時々画面が真っ白になエフェクトが。実は対中の人用のスキルだったりする。
うおっまぶしっ!と言える懐の深い敵には敬意を。攻撃の手は止めないが。


チョーキングガス(L25で取得可能)・・・私的評価:5
触媒消費の沈黙効果を与える罠スキル。
ダメージこそ与えないものの範囲も5×5と広く、範囲内に敵がいても即発動するので使い安い。
詠唱・ディレイがほぼ0に等しく、レジ貫通の効果。
現在の演習は魔法大戦であるのでその利用価値は大きい。
勿論、設置しておいて罠としても活用できる
当然、即回復されるのではあるが。
成功率も高めではあるが、100%ではない。とはいえ当たり判定もある上、連射が効くので問題ないだろう。
余談ではあるが、弾数を気にしないで連射すればスピエンライオすら止める速射性能。
しかし、ラグが発生した瞬間、発動が遅れ死ぬこととなる。


スライディング(L27で取得可能)・・・私的評価:3
指定座標まで高速移動+射線軸上の敵に攻撃(分散あり)のスキル。
移動距離も長く、ライン上の設置スキルを無視というとんでも性能ではあるが、攻撃判定があるためか発動までが若干遅い。もしかしたら低スペックのせいかもしれないが。
威力は高くなく、何故か遠距離命中判定で遠距離減衰あり。
短剣でも使えるが、まず当たらない。
おまけに敵が多いと分散するのでよりダメが減る。
空蝉→スライディングと上手く成功すると画面外に消えるほどの移動量となるが、そもそも空蝉もスライディングも処理が結構重いので上手く成功するのは極めて稀。
モーションは悪くない。
余談ではあるが、タンク相手に使うと100%胸アクセの憑依者にダメがいく(っぽい)。
無論、威力も低く、当てるのも難しいので現実的ではないが。


クレイモアトラップ(L30で取得可能)・・・私的評価:2
触媒使用の罠スキル。
同系統のランドマインとは違い範囲は5×5と広いが、威力は低い。
分散こそしないが、発動が約1.5S後というのが癖のあるところである。
命中は武器依存で敵が範囲内にいても設置できる。
本隊が来るときに後方狙いとして使うのも悪くは無いが、威力が低いのでしとめ切れない。
相手の動揺は誘えるかもしれないが・・・・。


アッパーカット(L32で取得可能)・・・私的評価:1.5
敵にノックバックとスタン、ダメを与えるスキル。
修正により使いづらくなってしまったスキル。
スキル倍率がそこそこあるものの、スタン時間は短く、ノックバックするので使いづらい。
一応体術マスタリが乗るので火力は上がるが、ディレイとモーションのせいで連射が効かない。微妙なスキル。


つむじ風 (L34で取得可能)・・・私的評価:0.5
コマンドなのに爪専用スキル。
スキル性能は劣化旋風剣といえばわかりやすいだろう。
自分の周囲にダメを与えるが、威力は低く、モーションも大きいので使いにくい。
しかも爪装備なのでASPDがそもそも低く、発動が遅い。
モーションはまぁ面白いが・・・・。


セットボム(L36で取得可能)・・・私的評価:5
1撃目に単体ダメージ発生、3秒ほど経つとセットした敵を中心に3×3の範囲で2撃目が発生する面白いスキル。倍率は300%ずつで触媒消費スキル。
2撃目が必中で、1撃目で対象が倒れた場合、即座に2撃目が発動。
詠唱もディレイもほとんど無く、連射性能の高い良スキル。
また、命中が武器依存なので美味しい。
上記の性能により、使い方は様々である。
ただし、2撃目発生時にいる位置によっては遠距離減衰が発生するようなので注意。
そして不具合にも注意。


リカバリーブロック(L38で取得可能)・・・私的評価:0
対象のHP、SP、MPの回復を不可能にするスキル。
修正により若干効果時間がのびたが、相手は当然逃げるのでまったく意味が無い。
おまけに成功率が高くないので、信頼性にかける。


応援要請(L42で取得可能)・・・私的評価:2
異次元の彼方(かどうだかは知らないが)からコマンドを召還するスキル。通称:ボスケテ
触媒消費のスキルではあるが、同系統の形代と比べ余りにも使いづらい。
演習では使えるものの固有ディレイがまさかの約1分というクレイジー性能。
おまけにコマンドの活動時間は10S程度というせつないスキル。
コマンドのステは術者に影響されず、HPも高めではあるのだが、上記理由により全く生きていない。
さらに敵を倒すと♀のほうは即、敵を探知して飛んでいくのに、♂のほうは全く反応しない。
♂のやる気のなさが、開発のやる気のなさに見えるのは俺だけではないはず。
あればあったで使いどころはあるだが。
闘技場では形代も使えるので総勢5人でタコ殴りできる(まさしく、レギオン)。
試してはいないが、召還カードとセレヌを使えばさらにry。


デッドリーアタック(L43で取得可能)・・・私的評価:1
敵に硬直効果とダメージを与えるスキル。モーションを見る限り如何見ても殴っているのだが、体術スキルではないらしい。(別名:T-LINKナッコォオオオオ)
威力もそこそこで、硬直させる効果があるのだが異常率が低く、モーションも遅いので使いづらい。
モーションは良いのだが・・・・。
詠唱もディレイもほとんどないのだが、上記理由により連射が効かない。


ラッシュボム(L45で取得可能)・・・私的評価:-1
名前的にもレベル的にもそして説明的にも(対象に爆弾を2個設置し、数秒後に爆破させる
)セットボムの上位互換スキル!・・・・(#^ω^)
とはいかない当たり、悪意が見えるようだよ・・・。
実際の性能はセットボムの足元にも及ばない。
攻撃回数こそ4回にはなっているが、その倍率は極めて低く、触媒消費スキルとは思えない。
L1では1撃約20%。通常攻撃以下の性能である。SPと触媒を使い、通常攻撃以下!
また、L5でもトータル倍率にしてみるとなんとセットボム未満という素敵性能。
さらにディレイがあるので連射しづらい。
ここまでの性能で怒らないことがあろうか、いやない。



ワイルドダンス(L50で取得可能)・・・私的評価:1
対象にアッパー、蹴り、サマーソルト、つむじ風の連続攻撃を叩き込むスキル。
コンビネーションとは違い、スキルを持っていなくても発動する。
とはいえ、コンビネーションの悪いところはそのまま。
相変わらず移動したりされれば、中断することになり、モーションは遅い。
詠唱も長いので使いづらい。
体術マスタリがのるので、トータル倍率ではスカ系最高火力にはなるのだろうが、全部当たれば、の話である。
50スキルがこんな性能であるため、全スカ系が泣いた。


スカ系スキル編完結。
次回は他職スキル編。
流石に全部はやりませんが、演習でよく見るスキルは解説しようかと。

PageTop

演習ガイド(アサシンスキル編)

スキル編の続き

アサシンスキル


フードファイター(L1で取得可能)
・・・私的評価:1
食べ物類の効果を高めるスキル。しかし、主流は飲み物なので恩恵小。
回復系アイテムを食べ物にするならとってもいいかも。


瞑想(L1で取得可能)・・・私的評価:1
SPを消費してHPを回復するとができるスキル。
しかし、SP消費の割りに回復量が少ないので演習ではほとんど意味が無い。
おまけにモーションが遅い。


クローマスタリー(L3で取得可能)
・・・私的評価:2
通称爪マス。爪使用者なら必要だとは思うが、演習において爪は相当使い難い。
他2つのマスタリ同様、命中・最低攻撃力UP。


投擲武器作成(L5で取得可能)・・・私的評価:0.5
投擲系アイテムを作成できるほかに、通常攻撃使用時に投擲消費を軽減する。
とはいえ演習では通常攻撃を使うことは滅多にないので意味が無い。
おまけに作成できるものは低いLVの投擲武器ばかり。


気合(L5で取得可能)・・・私的評価:1
一定確率でステータス効果を消すスキル。
当然ソロでとっていてもほとんど意味の無いスキル。
タンクの中から使うならまだましかも知れないが、良し悪しに関係なく打ち消すので使い難い。


三段突き(L8で取得可能)・・・私的評価:2.5
爪を爪たらしめるスキル。これと狂気毒を合わせれば凄まじい速度になる。
とはいえ、爪限定でかつMAXが10とスキルポイントが厳しいスキル。
LV5くらいでもわりと恩恵があるスキルではある。


投擲射程上昇(L10で取得可能)・・・私的評価:2
投擲装備時の射程を延ばすスキル。
だが、最大射程が6と決められておりそれ以上になっても6にしかならない。
当然、遠距離減衰がつく。
最近の投擲武器は射程がそもそも長めなのであまり恩恵がない。
最大射程にしたいがためにLV調整してとるのも悪くは無い。


ポイズンニードル(L10で取得可能)・・・私的評価:1
命中種類が武器によって変わるスキル。
SP消費も少ないものの演習においては成功率は低くなってしまった。
おまけに専用の毒針消費。
毒はアレスなどで簡単に直せるので効果が薄い。


硬化毒 (L13で取得可能)・・・私的評価:2
触媒消費のスキル。効果時間は長めで最低防御も上がるのが嬉しい。
ただ高LVほど毒になりやすいので注意。
VIT型アサには恩恵が大きいかもしれないが、総じて防御面で不安の残るアサにはイマイチ。


投擲命中率上昇(L15で取得可能)・・・私的評価:2
これのあるおかげで銃コマよりは命中が上がることになる。
投擲使用者ならばとっておいてもいいスキルではあろう。


毒耐性上昇 (L15で取得可能)・・・私的評価:0
なんのためにあるのかわからないスキル。
効果のあまりのなさに絶望。


幻視空蝉(L18で取得可能)・・・私的評価:5
ソロ御用達の高性能回避スキル。
固有ディレイがあり、不具合も多いがそれでもまだ使うメリットは大きい。
移動と回避を同時に出来るのが最大の魅力。
ほとんどの攻撃を回避できる。
スキル選択→移動位置指定という2プロセスなので慣れないうちは大変だろう。
そして現在の演習では高速詠唱なので見てからでは遅い。
考えるんじゃない、感じるんだ。
MP消費なので一応注意。


クローキング(L20で取得可能)・・・私的評価:5
アサシンをアサシンたらしめるスキル。
消えたままで移動可能という性能による恩恵は大きい。
だが、範囲攻撃には巻き込まれる上、クレア持ちには見えてしまうので警戒が必要。
また、詠唱中に消えてもハイドと違い詠唱は継続され、攻撃をもらうことになるので注意。
他にも消えるためにはハイドと違い、自分の周囲7×7マス以内に敵がいないことが条件となる。
慣れるまでは消えるのに手こずるかもしれない。
逃げに使うもよし、攻めに活用するもよし。


バックアタック(L20で取得可能)・・・私的評価:3
近接・投擲どちらでも使えるスキルなので投擲と相性が良い。
貴重な敵に硬直効果を与えることができる。
ディレイこそ長いものの詠唱はないので当てやすい。
レベルが上がるにつれ硬直時間<自分のディレイとなるのでLV1推奨。
敵の真後ろからだと威力が上がる。
とはいえ判定は厳しいので、動き回る演習においてはほとんど関係ない性能。


豪腕毒(L23で取得可能)・・・私的評価:2.5
触媒消費の最低・最高攻撃力を上げるスキル。
高LVになると毒率が上がる。
最低攻撃力が上がるので恩恵は少なくないし、効果時間も長め。
攻撃メインのアサには使い道があるはず。


アプライポイズン(L25で取得可能)・・・私的評価:1
修正により使いづらくなってしまったスキル。
一定確率で通常攻撃に毒を発生させる効果を付与するスキル。
演習においてもあまり旨みはないスキルになってしまった。


アサルト(L30で取得可能)・・・私的評価:3
クリティカル発生率を上げるかわりに防御力が下がるスキル。
クリティカルよりは効果が弱いものの持続時間は長いので使いやすい。
クリ精錬の武器とあわせると効果大。


スキャターポイズン(L30で取得可能)・・・私的評価:5
自分を中心に5×5の範囲で毒を撒く。
攻撃力はHP依存で術者の最大10%で必中。
攻撃回数がレベル毎に決められているので持続時間よりも早く切れることがしばしば。
タンクはもちろん、ソロでも使える良スキル。
専用ステが出来るほどと言えば効果の高さがわかるだろう。
攻めにも守りにも使える。
高レベルになると詠唱が長くなり、ディレイが減る。
修正により設置系スキルの中での優先順位が上がったようで、他の設置スキルの設置を妨害することが出来る。また一回ごとに当たり判定があるので、範囲内にいる敵はまず詠唱が出来ない(それでもスピエンライオは飛んでくることがある)。


暗殺者の魂(L30で取得可能)・・・私的評価:0.5
狩りや憑依落ちでは役に立つ魂も演習ではほとんど役に立たない。
というのもアサは憑依中使用不可のスキルが多く、中にはむいていないからだ。
チョーキングガスや閃光手榴弾を使えば一応の支援は出来なくはないが・・・。


クリティカルダメージ上昇(L33で取得可能)・・・私的評価:4
非力になりがちであるアサにとっては貴重な攻撃力UPスキル。
クリ時のダメージを上げるので条件さえ揃えば高威力が期待できる。
短剣・投擲型共に推奨スキル。


狂気毒(L35で取得可能)・・・私的評価:2.5
爪DCという表現が一番わかりやすい。
一定確率で毒になるものの、三段突きを取得していればまさしく怒涛の攻めを実現できる。
とはいえ、演習では敵は止まっていてはくれないし、攻撃してこないこともない。
その速度を生かせるような場面は極めて稀であろう。


毒成功率上昇(L38で取得可能)・・・私的評価:0.5
修正により効果が弱まったスキル。
対応するスキルがポイズンニードルとアプライポイズンしかないのでより一層微妙さを醸し出している。


幻視形代(L40で取得可能)・・・私的評価:未知
まさかの演習時使用不可能スキル。
スキルの地味さもあってか、未だ演習解禁にはなっていない。
だが闘技場で使ったことのある人ならばわかるとは思うが、実は対AGIにおける切り札。
武器が使用者に依存するので遠近で使える。
効果時間こそ短いものの、詠唱もそう長くなく、ディレイもないので再召喚は容易。
最近、ちょっとした形代の使い方が判明した。


コンバインフォース(L40で取得可能)・・・私的評価:3
PTを組んでいると最低・最高攻撃力が上がるスキル。
ステにこそ反映されはしないが、その恩恵は少なくない。
余裕がある場合や少しでも威力を上げたい人にはお勧めのスキル。


フットワーク(L41で取得可能)・・・私的評価:5
待ち望んでいた回避上昇スキル。
近接・遠距離の両方が上がり、割合上昇なのでAGIを振れば振るほど効果大。
まさしく回避職たるスカ系列には必須スキル。


奇襲(L50で取得可能)・・・私的評価:3.5
スカ系単発最高火力スキル。
透明時からの限定使用とディレイの長さ、ノックバック効果が使いにくい。
おまけに単発なのでミスして相手に0ダメということも。
だが、近接・投擲どちらでも使用可能でスタン時間はかなり長い。
%が高いので硬い敵に有効。

PageTop

演習ガイド(スカウトスキル編)

今回はスキルに関して書こう

スキルは演習においてもっとも重要な要素の一つだ。
ぶっちゃけてしまえばスキルの良し悪し=強さと言っても、「ちょっと」大げさではあるが、過言ではない。
自職のスキル把握は勿論、他職のスキルも知っておくに越したことはない。
敵を知り、己を知れば百戦危うからず(前述の通り、スキル次第では危ういのだが)だ。
スカウト系列の取得できるスキル全てと他職の主なスキルを取り上げてみようと思う。
私的評価は5段階でMAX評価が5。ちなみに演習においての評価です。
(評価に関してはいろいろとご意見があることとは思いますが、私的、なのでご了承ください)

スカウト系列スキルの諸注意
他職でも同様、スキルは基本的には武器の射程に依存する。
とはいえスキル毎に射程が決められている場合はそれに決定される。
また、スキルに装備制限が無い場合、投擲・短剣・爪で使用可能になる
(そのときの命中力は武器に依存、投擲装備なら遠距離命中)
また、下で割合上昇と書くことがあるが、これはステの一定割合分上昇するということである。
例 近接回避400で9%UPのスキルを使うと36UP
   近接回避200で9%UPのスキルを使うと18UP 


スカウトスキル

ハイディング(L1で取得可能)・・・私的評価:4
SPが続く限り姿を消すことができるスキル。
動くと効果が無くなる。クレア持ちには見えるので注意。
クローキングと違い、敵の詠唱中であっても消えればそのスキルの発動は無効となる。
それ故に利用価値は高い。ハイド→奇襲も可能。
難点はクレア持ちには見えることと、若干ディレイがあり連携の邪魔になる。
うまく空蝉・クロキンと連携して使えれば軍本隊をやり過ごすことも可能になる(こともある)。


最大HP上昇(L2で取得可能)・・・私的評価:5
HPが低く、スキャターポイズンがあるアサにとっては必須と言っても悪くは無いスキル。
ステとスキルでほぼ性能が決まるECOにとってパッシブ系スキルの恩恵は大きい。
ある修正から割合上昇になったみたいなので高HPには特に恩恵大。


HP回復率上昇(L3で取得可能)・・・私的評価:3
回復剤の効果や憑依中の回復量を高めるスキル。
スカ系列で憑依する側に回ることは少ないので恩恵は少なめ。
とはいえ、タンクの外をやるときには中の人が回復アイテムを使うのでとっておいて損はない。
スキルレベル1でも十分に恩恵はある(実際、LEGIは1のみ取得)


最大SP上昇(L4で取得可能)・・・私的評価:5
SP消費が何かと多いスカ系には必須スキル。
演習にでてると中々補給をする暇が無かったりするので、SPは多いに越したことは無い。
HP上昇と同じく割合上昇になったみたいなのでSP係数の大きいスカ系には特に恩恵大。


SP回復率上昇(L5で取得可能)・・・私的評価:3.5
こちらのほうがスカ系にとっては恩恵が大きいはず。
ソロ・タンク共にSPはとても重要。
ロビーに戻ったときやカバリストのSPを0にするスキルを食らったときに態勢を立て直すのを早めることにも繋がる。


連続投げ(L5で取得可能)・・・私的評価:3
投擲専用というレアなスキル。
投擲を使うならば必須だろう。レベルにより回数の変わる投擲版連続突き。
とはいえ、他職の魔法・遠距離職と比べれば短い射程と投擲のモーションが長いので使いどころを考えないと痛い目を見るスキル。おまけに遠距離減衰付き。
追撃や騎乗PETに乗ってる相手に使うのがいいだろう。


スローマスタリー(L6で取得可能)・・・私的評価:4
投擲メインならば必須。最低攻撃力と命中を上げてくれる。
スキル威力の底上げになるのでお勧め


ショートソードマスタリー(L7で取得可能)・・・私的評価:4
短剣を使用する上で必須スキル。最低攻撃力と命中を上げてくれる。
とはいえ、投擲メインならば不要スキル。


メイスマスタリー(L9で取得可能)・・・私的評価:1
メイス系を使用するならば必須・・・とはいえスカ系でメイスを使うことは極めて稀。
一応、両手鈍器のクリ率上昇パッシブと射程2で攻撃することは可能ではあるが・・・。


ブロウ(L10で取得可能)・・・私的評価:1
SP効率と威力効率の兼ね合いは良いが、それだけ。
威力も低いのでPC相手に使うスキルとしては妥当ではない。
岩狩りには便利かも。


コンセントレート(L12で取得可能)・・・私的評価:2
修正されて使いやすくなった命中力UPスキル。
効果時間が約1分と長めで、効果はステの割合上昇で高DEXほど恩恵が高い。
とはいえ、近接命中しか上昇しないので投擲メインには関係ないスキル。
そして、現在の演習を鑑みるにコンセを使って近接命中をあげても誤差の範囲で終わってしまうことが多い。


アヴォイド・バースト(L14で取得可能)・・・私的評価:4
修正されて使いやすくなった回避力UPスキル。
効果時間が50Sと長めで、これも割合上昇スキルなので回避力の高いスカ系列には恩恵大。
これを使えばAGIにもよるが高DEXブレタンクの攻撃を避けるのにも使える。
また、バウハンのブラフを打ち消す効果もあるので覚えておいて損はないスキル。
SPも少なめで使いやすい。


回り込み(L15で取得可能)・・・私的評価:4
修正されて効果の上がったスキル。
敵の後ろに回りこむという一見するとネタスキル。
だが、相手に一定確率で硬直効果を与える効果をもつので利用価値は高い。
ただし、成功率はそこそこでモーションは遅く大きいので使用するときには要注意。
タンクの足止めなどに有効。
時々、華麗に宙を舞う。


パリィ(L16で取得可能)・・・私的評価:0.5
一定時間内に攻撃を受けた場合、受け流すことができる。
と聞くとなにやら凄いスキルのようだが、効果時間は10S前後。とはいえやっぱり短い。
完全回避ならまだしも30%程度という話。回避性能の高いスカ系には無用のスキル。
今の仕様では使い道はないだろう。


カウンター(L18で取得可能)・・・私的評価:1
一定時間内に攻撃を受けた場合、一度だけ即座に反撃を行うことのできるスキル。
与えるダメージは普通の通常攻撃と同じなのであまり意味が無い。
爪装備で使えば2回攻撃になるらしいが・・・。


フェイント(L20で取得可能)・・・私的評価:3
対象がパリィ、カウンター、DCを使用時に使うと、そのスキルの効果を打ち消した上で硬直効果を与える。失敗すると自分が硬直する。
パリィ・カウンターの使用者は極めて稀だが、DC使用者は多いので使い道はある。
時々失敗するので注意(この失敗とは打ち消すのには成功するが、硬直効果が与えられない場合のことを指す、大抵反撃を貰う)
成功率は悪くは無いが、決まって欲しいときに限って失敗するのは最早仕様である。


急所攻撃(L21で取得可能)・・・私的評価:3
相手にダメージとスタン、スロウ効果を与えるスキル(スキルL1~3ではスロウのみ)。
威力も悪くなく、スキルLVが上がれば異常成功率も増し、モーションは若干大きいもののディレイはほとんどないので連射も効き、使いやすい。クリティカルも出やすい(ヨウナキガスル)。
スタンは効果時間短めだが、スロウはそこそこ時間があるので追撃しやすい。
とはいえ、近接命中と射程1なので頑張って敵の懐にもぐりこもう。
さらに相手にレジがかかってるとせつないことになる。


短剣命中率上昇(L21で取得可能)・・・私的評価:3
短剣型なら必須スキルか。投擲型にとっては関係のないスキル。


コンフュージョンブロウ(L22で取得可能)・・・私的評価:1
相手に混乱効果を与えるスキル。
混乱になっても相手を確実にしとめられるわけではないので使うには難しいスキル。


スタンブロウ(L24で取得可能)・・・私的評価:2
SPも少なく使いやすくはあるが、急所突きもあるのでイマイチ感は否めない。
相手にレジがかかってるとただのブロウになってしまう。


スロウブロウ(L26で取得可能)・・・私的評価:1.5
スタンブロウと同じ。
急所のスロウはそこそこ効果時間があるのでスタンブロウよりも利用価値の無いスキル。


バニシングブロウ(L28で取得可能)・・・私的評価:2
相手をノックバックさせるスキル。
正直、スカ系が相手をノックバックさせてもあまり良いことはない。
像移動くらいには使えるかも知れない。


サマーソルトキック(L30で取得可能)・・・私的評価:2(+1)
某ガ○ルまんまのスキル。威力こそ、そこまで高くないものの体術スキルなので投擲でも使用可能かつ後述の体術マスタリで威力もUP。
ノックバック効果は余計ではあるが、まぁ像移動に使えないことはない。
コマンドスキル、コンビネーションにも必要。
モーションは良い。


ショートソードディレイキャンセル(通称:SSDC、L32で取得可能)・・・私的評価:5
語る必要もないほどの高性能スキル。短剣使用者は絶対必須。
高速攻撃の要であり、像削りには勿論、スキルのディレイも消えるので連携にも使える(一部スキルはモーションのせいでSSDCを使っても高速化できない)。
SSDC→連続突きの連携は昔からの良コンボ。
さらにインスも使えば、高速かつ敵にビジュアル的ダメージも入れることが出来る。
フェイントには要注意。


クリティカル(L37で取得可能)・・・私的評価:3
一定時間、自分のクリティカル率を上昇させるスキル。
後述のスキル、アサルトよりも効果は高いが持続時間が短い。
クリ精錬武器とあわせると恩恵大。
一瞬に賭けるときに使うスキル。


ブランディッシュ(L40で取得可能)・・・私的評価:2
対象をランダム回数攻撃するスキル。
最高6回攻撃が可能で連続突きと同じではあるが、ランダムなので当てにならない。
モーションも連続突きと同じく結構長いのであまり意味が無い。
連続突きがあればいらないスキル。


連続突き(L50で取得可能)・・・私的評価:4
対象を最高6回攻撃するスキル。上でも書いたがSSDCとの連携は強力。
近接命中かつ一撃の%が低いので最近は相対的に弱体化してきている。
とはいえ、対ソロなどにはまだまだ有効なスキル。
像破壊にもあると楽なので短剣使用者にはお勧めのスキル。

予想GUYに長くなったので続きは別記事

PageTop

あれ・・・

なんと2万HITしてるじゃありませんか!
おまけに実はブログ1周年でした!(随分前に過ぎてる気がするのはきっときのせい)
このマイナーかつ見づらいブログを見てくれた方に感謝を。

そういえば、天鍵GETしました。
フレをらちって(おまけに北門まで手伝わせて)やったPTザンで一回目で(おまけに本人肝心なところでりせき)天鍵がでたものを皆持ってるからもっときなよ!といわれ(おまけに相場わかんないからタダでっていう流れに)貰ってしまいました。
手伝ってくれたフレの皆々様には深い感謝を。
いずれ何かしらで返したいと思います!
返せるのかという疑問符がry

一応SAGA7で戻る予定ではありますが、修正が来ないたびにがっかりしてます。
スキル上方修正とまでは言わないけれど不具合修正くらいしてくれればいいのに

とりあえずブログのほうは演習関連のことをgdgd書いてくつもりです。
間違ってるところとかあったらコメントください。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。